PPCアフィリエイト回顧録 実践前

私がアフィリエイトを始めた理由

更新日:

はじめまして、クスクスと申します。

 

PPCアフィリエイトを実践して(この記事を書いている時点で)1年と9カ月ほど経ちました。

 

本業はイラストレーターなどをしていまして、妻と息子2人がいる40代男です。

今日は、私がアフィリエイトを取り組み始めたきっかけの話をしたいと思います。

2014年末、ネットを見ていた妻が、「岡田式!カテキョPPCアフィリ塾」というアフィリエイトの塾に興味を持ちました。

ただ、彼女は副業禁止の勤め人なんですね。

 

それで、時間の融通が利き、普段から仕事でPCに向かっている私にやってみないかと薦めてきたんです。

 

当時の私は、アフィリエイトのぼんやりした知識はあって、個人サイトのブログにamazonアソシエイトのリンクを貼ったりはしていました(当然のようにほとんど収益はナシ)。

すごく稼いでいる人もいるみたいだ、くらいの認識はあったんですが、正直なところ、いささか胡散臭い印象も持っていました。

まあ、今このブログを見てくださっているあなたはアフィリエイトに興味があったり、すでに実践していたりするでしょうから、すみません、不快にさせてしまうかも知れないのですが…

 

当時の偽らざる気持ちとしては

 

「稼げるといってもごく一部の人だけなんじゃないの?」

「ていうかすごく稼いでいる人たちって、『ヒャッハー!今日も情弱どもに要りもしないものを売りつけて儲けてやったぜェ!』みたいな奴らばっかなんじゃね?」

 

という感じでした。

そして妻が興味を持ったPPCアフィリエイトの塾の費用を聞いたら、なんと20万円!

 

う…胡散臭い!!

 

あやしさ大爆発だーーーッ

いやいやそれは騙されてね?カリキュラム通りやって赤字になるようなら全額返金保証とかあるけど、さらっと常人では絶対達成できないカリキュラム量とか提示してくんじゃね?とかもう猜疑心でいっぱいですよ。

 

で、妻にも色々伝えたんですが、彼女は彼女なりにいろいろ調べて、信頼できそうだと思った塾を薦めてきた様子。

 

そこでハッと思い直しました。

 

いつもいつも助けてくれている妻がやりたがっているのに、やってもみないで否定ばっかするのはどうなんだ…。

 

もしもダメだったとしても、やらないで「あの時やっていればどうだったかな」という想いを残すより、一生懸命やってみてやっぱりダメだった、という方がすっきりするんじゃないか…。

 

月50万円とか100万円とか稼げる人はさすがにごく一握りなんじゃね?って気はやっぱりするけど、もしかしたら月2万円とかだったら稼げるかもしれない。

そうしたら1年頑張れれば塾費用もペイしてその後は利益になるんだし、チャレンジしてみてもいいか?

 

まあ、人を騙して売りつけるようなやり方だったらさすがにできないけど、精一杯やるだけやってみるか…

 

そう腹を決めて、妻に告げました。

 

「じゃあ、やってみようか」

いささか志の低いスタートでしたが(笑)

こうして、私はアフィリエイトの世界に足を踏み入れたのです。

 

このあたりの話は、プロフィールのページにも詳しく書いています。

-PPCアフィリエイト回顧録, 実践前

Copyright© わがままPPCアフィリエイト , 2019 All Rights Reserved.