PPCアフィリエイト回顧録 PPC TIPS 実践3ヵ月目 メンテナンス

クレジットカード案件の除外キーワード:実践86日目

更新日:

こんにちは、クスクスです。

 

私が初報酬を得たクレジットカード案件ですが

(関連記事「初報酬、ついに発生!:実践41日目」

検索クエリを調べてみると、これは成約に結びつかないな~っていうキーワードがいくつも見つかりました。

 

たとえば

「ログイン」

「ポイント確認」

「マイル確認」

「解約」

「住所変更」

などがついたキーワードです。

 

これらは、今からそのクレジットカードを作りたい人ではなくて、すでに持っている人が調べるワードですよね。

このあたりのキーワードを「フレーズ一致」で対象外にしました。

また、「ポイント 確認」など、分けて検索する人もいるかもと思い、「確認」「住所」のみも対象外に設定しました。

 

PPCを運用されている方ならば本当に当たり前の話なんですけど、狙いと違うキーワードを含む検索結果には広告を表示しないようにして、広告費を抑える必要があります。

Yahoo!プロモーション広告管理画面の「スポンサードサーチ」タブ、「ツール」のところにある「対象外キーワードツール」を起ち上げて、成約に結びつかないキーワードを設定していきます。

 

「対象外キーワードのマッチタイプは何にしておけばいいですか?」と時々聞かれるんですが、上記の「ログイン」などのワードだけを「フレーズ一致」で対象外にしておけば、基本大丈夫です。

 

また、新しく追加された機能として「対象外キーワードリスト」と言うものがあります。

これは、一度設定した対象外キーワード群を複数のキャンペーンで使える機能です。

 

たとえば、クレジットカード案件を複数扱いたい場合、上記の「ログイン」「ポイント確認」「マイル確認」「確認」「解約」「住所変更」「住所」などを対象外キーワードリストに設定しておき、今後作成するクレカ案件キャンペーンにまとめて設定することができます。

同じキーワード群を除外したいキャンペーンを複数作る場合には、大変便利な機能ですよ♪

 

前記事「メディア紹介案件を扱ってわかったこと:実践85日目」

次記事「PPCアフィリエイト実践3ヵ月目の成果:実践90日目」

 

-PPCアフィリエイト回顧録, PPC TIPS, 実践3ヵ月目, メンテナンス

Copyright© わがままPPCアフィリエイト , 2019 All Rights Reserved.